太陽光の発電量はどのくらいあれば良いですか?

一般的なご家庭の1年間の消費電力を基準にして、その70~90%を賄える発電容量が適切と考えます。日本エネルギー経済研究所軽量分析ユニット編2014年度では、5,315kWh消費するとされています。

計算すると5,315kWh×90%=4,783kWhとなり、1年間に4,800kWh程度発電できるシステムが目安となります。各メーカーのシミュレーション資料には、年間推定発電量の記載があり、発電性能の比較にもなります。弊社では、複数のメーカーシミュレーションが作成可能ですので、比較検討に役立ちます。ぜひ、ご依頼ください。

太陽光発電に関する詳しい情報はこちら

お問い合わせはこちら