卒FIT後の新しいステージについて解説します。

news

卒FIT後の新しいステージについて解説します。

FITが満了となる前に準備をしましょう。

FIT(固定買い取り制度)も2019年11月より順次満了となります。これを「卒FIT」と呼びます。期間が終了すると売電できなくなるのではないか」と不安になる人も多いかもしれません。今回は、「卒FIT後どうすればよいのか。」「何を取り入れればよいのか」を中心に紹介します。

FIT満了を間もなく迎える方はぜひ、参考にして下さい。

FITが満了するとどうなるの?

2009年に始まった余剰電力買い取り制度は、2012年にFIT(固定買い取り制度)に移行し、住宅用太陽光発電を設置した方は、2019年に卒FITを迎えます。住宅用太陽光発電(10kW未満)は、FITで定められた10年間で満了するのでこれから順次、卒FITの家庭が増えていきます。

FITを満了すると、住宅用太陽光発電は、固定価格買い取り制度による売電ができなくなりますが、FIT期間と同じように発電はできます。では、卒FITになったあとどのようにすればよいのでしょうか。

卒FITの次のステージとは?

卒FITとなった場合、2つの選択ができます。一つは、電力会社と再契約してFIT時よりも安い単価で売電することと、もう一つは蓄電池を導入し、自家消費する方法があります。

■売価単価は下がるが電力会社と再契約で売電が可能

卒FIT向けに電力会社(新電力会社も含む)では、電力買い取りプランが用意されています。電力会社と再契約することでこれまでと同じように余剰電力の売電が可能となります。

ただし、この卒FIT向けの電力プランは、九州電力の場合「7.0円/kWh」が相場です。FITと比べると、大幅に売価単価がさがってしまうのは承知しておかなければなりません。新電力会社でも、卒FIT向けの電力買い取りプランがあるので比較して検討してもよいかもしれません。

■蓄電池を導入で自家消費することで電気代を節約

I様邸 創蓄連携システム施工もう一つは、家庭用蓄電池を導入して自家消費する方法です。FIT期間中は売電にまわした余剰電力を、蓄電池に貯めておき電力を利用することができます。

但し、太陽光で発電した電力を蓄電する時に、一度、パワーコンディショナー(以下、パワコン)で交流に変換し、蓄電用のパワコンでまた直流に戻すため、変換のロスが生まれます。

卒FITとして蓄電池を導入するとこんなメリットがある

卒FITの対策として家庭用蓄電池を導入することで、どんなメリットがあるでしょうか。

  • 自家消費で電気代を削減できる。
  • 停電時でも電気が利用できる。
  • 太陽光発電でできた余剰電力を家庭用蓄電池に貯めておくことで、夜間や太陽の出ていない時でも、蓄電池内に貯めてある電気を使うことができる。

今後、太陽光発電した電力を蓄電して使う「自家消費」が主流となってきます。

災害などの停電時でも電気が使える創蓄連携システム

創蓄連携システム卒FIT後に創蓄連携システムを導入することもおすすめできます。太陽光発電で蓄電し、蓄えた電気を効率よく使えるのです。災害時の停電にも役立てることができます。

この創蓄連携となるハイブリット型蓄電池は、太陽光発電と蓄電池のパワコンが一体となったシステムで、直流電力をそのまま蓄電するので、変換ロスが少なく停電時にも長時間にわたり蓄電した電気を使うことができます。

ここ近年、九州地方においての大雨、台風などの自然災害が増えてきています。特に災害の多い夏場の停電被害などは、蓄電池を導入することで、避難所に避難しなくても生活の維持は可能になります。蓄えた電気が無くなっても、太陽さえ出ていれば太陽光発電し蓄電されていきます。

導入にあたり大切なのは施工業者選び

これから蓄電システム導入する場合、親身になって相談にのってくれる施工業者選びが大切です。蓄電システムを導入するには、高額な費用がかかります。ここは、地元の福岡の施工業者が良いでしょう。なにより、地元を知り尽くしたプロの目で、導入前からの適切なアドバイスが受けられるからです。

九州全域をカバーし、地元福岡で実績のある弊社は、節電と防災の観点から太陽光発電蓄電システムの提案から施工・アフターフォローに至るまですべて自社で一貫した施工ができる会社です。

太陽発電が初めての方や卒FITの方に、導入前の準備段階から見積り、さらに国や自治体などの補助金申請のお手伝いから、システム導入までのプロセスも大切にしています。そして導入後のアフターフォローも万全なのでまずは相談から始めるのも良いでしょう。

まとめ

FIT満了後、どのように太陽光発電を活かして普段の生活に役立てるかがポイントです。新たに蓄電池や創蓄連携システムを導入する場合は、地元を知っている実績のある施工会社を選ぶことが大切な選択になるでしょう。