電気自動車をお持ちならV2Hやトライブリットがおすすめ

news

電気自動車をお持ちならV2Hやトライブリットがおすすめ

今回電気自動車を所有している方向けに、V2Hやトライブリットがなぜおすすめなのかをご説明いたします。

節電と停電対策のために

現在の電気自動車は、日々進化をしておりますが、充電施設は、まだまだ少ない状態です。

自宅に充電機を置くのであれば、ぜひV2HV2Hのさらにステップアップしたトライブリット蓄電システムをおすすめします。電気自動車の充電もさることながら、電気自動車の充電された電気を家中の電気で使う事ができ、節電と停電に利用することができます。

これから電気自動車の購入を検討している方やV2Hなどの導入をお考えの方、卒FITの方はぜひ参考にして下さい。

V2Hのしくみ

V2Hのしくみ電気自動車は、移動手段として使うという常識が「V2H」の導入で変わります。この「V2H」とは、「Vehicle to Home」の略で電気自動車に蓄えた電気を家庭生活で使う仕組みのことをいいます。

従来の家庭用充電スタンドから電気自動車に充電するだけでなく、電気自動車に蓄えてある電気を家庭用電源としても使える給電機能を備えるようになります。万が一、災害での停電時でも電気自動車から電力を供給するので、最新の電気自動車であれば、かなりの長時間にわたり、家庭内の電化製品を使うことができます。

V2Hのメリット

家庭用コンセントに比べて充電時間が短い

V2Hを使うと、家庭用の200Vコンセントの約半分の時間で満充電できます。電気自動車に乗ろうとした時に充電の心配をしなくて済みます。

電気料金の節約になる

日中に電気自動車を使う場合は、電気料金が安くなる深夜に充電ができます。日中外出しない場合は、夜間に電気自動車に蓄えた電気を家庭用電源として使用することで大幅な電気代の節約になります。

停電時にバックアップ用電源として使える

災害などで停電した時には、電力会社の給電ができなくても、電気自動車に蓄えた電力を蓄電池の代わりに使えるので、長時間の生活の維持が可能です。

これからの蓄電システム「トライブリット蓄電システム」

太陽光発電・家庭用蓄電池・電気自動車搭載蓄電池の3つの電池を家庭の生活リズムや電気の使用状況に合わせて連携したシステムです。

トライブリット蓄電システムのメリット

電気自動車の電気代の削減

このトライブリット蓄電システムを使うと、昼間の太陽光発電でつくられた電気を蓄電池に充電し、夜間でも電気自動車への充電が可能です。自家発電でつくった電気をクルマや家庭で使う事ができれば購買電力の削減になります。

太陽光発電でできた電気のロスが少ない

太陽光発電でできた電気のロスが少ない太陽光発電で生み出した電気を電気自動車につなぐ時、太陽電池モジュールから電気を変換するパワーコンディショナー(以下、パワコン)へ、パワコンから蓄電池へ蓄電池から電気自動車へと機器を経由する過程で少しずつ電気のロスが発生します。

トライブリット製品は、パワコン、蓄電池、V2Hを一つのシステムで連携しているので、電気ロスも解消でき、自家発電した電力をロスなく使うことができます。

停電の時も安心の大容量蓄電

災害などで停電しても、トライブリット蓄電システムなら、家庭用蓄電池と大容量の電気自動車の搭載電池を使う事ができるので、長期間の停電にも生活を維持することが可能です。

たとえ、蓄えた電気を使いきってしまっても、太陽光で発電ができるので、蓄電池に蓄えれば電気を使用することができるのです。

生活スタイルの変化にも対応できる

家族が増えたり、電気自動車を買い替えたりと家族や生活スタイルの変化に合わせて、省エネ機器の使い方を見直す方も多いことでしょう。メーカーによって太陽光発電や蓄電池の増設V2Hにも対応できるトライブリット製品も発売されています。

なので、新築でなくても、太陽光発電を導入していてもトライブリット蓄電システムを導入することができます

気軽に相談できる地元の施工会社選びが大切

株式会社つばき電設V2Hやトライブリット蓄電システムの導入を考えているなら、地域の事を一番熟知している地元の施工会社選びが大切です。

九州全域をカバーし、地元、福岡での太陽光発電や蓄電システムの施工実績を多数もつ株式会社つばき電設は、相談から提案、国や自治体の助成金申請のアドバイスなども含め、丁寧な対応をしています。

また、確かな技術で、施工からアフターフォローまで一貫としたサービスを提供しています。

まとめ

電気自動車を使うV2Hやトライブリット蓄電システムの導入には、高額な費用がかかります。

家庭のスタイルに合わせて、システムを選びたいものです。また、災害での停電など地域の情報と適切なアドバイスができるのが、地元の施工会社です。まずは、相談から入って適切な提案を受けてみましょう。