ご存じですか?太陽光と蓄電池は抜群の相性

太陽光発電と蓄電池に関する豆知識をご紹介します。

 1. そもそも太陽光とは

 2. そもそも蓄電池とは

 3.まとめ

.そもそも太陽光とは

太陽光を用いて太陽光を直接的に電力に変換する発電方式である。(引用wikipedia)大規模なメガソーラーからご家庭の屋根かカーポートの屋根につける規模の物まで用途によってその形は様々です。

太陽光パネルはどの位の大きさでどの位の電気が生まれるのかそしてどうやって電気が生まれるのか気になるポイントをわかりやすくまとめてみました。

そもそもどうやって電気が生まれるの?

太陽光発電は太陽電池を並べて作った太陽光パネルに太陽光が当たると内部の半導体の電子が働き、光電効果が発生します。この動きにより電気が発生します。ここはなんとなくイメージがわく方が多いと思います。まさにイメージ通りなんです。

太陽光パネルはどの位の電気を生み出しているの?

電気の生み出し方は理解して頂きましたが実際にどの位の電気を生み出すのか気になる所ですよね? 太陽光パネル1枚でおよそ90~150cm×80~90cmのものが多く流通しています。こちらの大きさで夏のある日に日当たりのいい時間帯に太陽光がしっかりと当たったとして、作られる電気料が おおよそ185kw305kwです。状況やメーカーによって変わりますのでご了承ください。

つまり、この電気で40型の液晶テレビ(80W)4~7時間動かせるわけです。結構たくさん発電してますよね!                         更に屋根にはこの1枚だけでなく1040枚、多いご家庭ではもっと多くの太陽光パネルがのっているいるわけですからその恩恵は計り知れません。

更に角度や方角でもその発電量は変わるわけですので一度ご相談されると更にお客様にとってのメリット・デメリットもハッキリわかります。

太陽光発電

2.そもそも蓄電池とは?

防災意識が高まっている事から導入されるご家庭も増加しております。8年前の2011年と比較すると年間の販売台数は37倍にまで増加しました。日常的な使用から非常時までその恩恵は計り知れません。家庭用蓄電池とは、充電を行い電気を貯めておくことが出来る一般家庭で使用可能なバッテリーのことです。その他モバイル端末・小型の電子機器・施設の非常用電源・車両への搭載など蓄電池は私達の生活に必要不可欠な物です。そんな蓄電池の充電方法や種類などまとめてみました!

充電方法はあるの?

太陽光パネルからの充電がイメージにあると思いますが実はその他にも充電方法があるんです。

その1.充電方法 電力会社の深夜料金プランを有効活用し充電する。

その2.太陽光発電を有効活用し充電する。

など太陽光パネルを導入しているご家庭が多い印象ですが、蓄電池単体で導入される方も中にはいますので各ご家庭で様々な形があります。

蓄電池の種類

リチウムイオン電池・ニッケル水素電池・鉛蓄電池・NAS電池など種類はありますが太陽光発電で使用する蓄電池はほとんどリチウムイオン電池が広く使用されてます。

創蓄連携システム施工

 

3.まとめ

無限に降り注ぐ太陽光をうまく活用した太陽光発電はそのイメージ通りとてもクリーンな電力です。

発電量や効率の良い発電を意識した取り付けでそのエネルギーの活用は更に有益な物になります。取り付けたお客様は晴れの日が楽しみになったとおっしゃる方も非常に多く太陽光発電を始めた事がきっかけにエコエネルギーや世界のエコエネルギー事情通になる方も多くみられました。太陽光発電を行っていると気になるのが蓄電池だと思いますが様々な蓄電池・容量の商品が流通しておりますのでお気軽にご相談をお待ちしております。

※当社調べですのでメーカー発表の数値等とは一部相違がありますのでご了承ください。