知って得する!?知らなきゃ損するPanasonic Sステーションの世界

news

知って得する!?知らなきゃ損するPanasonic Sステーションの世界

Panasonicの蓄電池の特徴

国内・海外問わずに大人気の老舗メーカーPanasonicです。蓄電池の一般販売に関しても、約30年の年数があり現在もその勢いはとどまる事はありません。 その太陽光・蓄電池の特徴の一つに電気を創る、蓄えるを一体化させた創蓄連携が挙げられるPanasonicですが、業界初の太陽光用と蓄電池用の2つのパワーコンディショナーを一体化させた事でも話題になりました。太陽光発電で作られた電気は変換ロスが少なく無駄なく光熱費の節約の面でも大活躍してくれます。 家庭用家電のイメージも強くありますが電池研究開発の歴史は長く約90年前に遡り、乾電池の販売に始まり、その6年後には鉛蓄電池の自動車用バッテリーを販売開始し、その約40年後の1975年には太陽電池の工業化に成功し、1994年にはリチウムイオン電池の量産を開始しました。 この歴史からお分かりいただけるように、長い歴史の中で着実に商品開発に成功してきたPanasonicです。日本だけでなく世界から評価される理由も垣間見えた様な気がしますね。 ここからはPanasonicの大人気商品の蓄電池であるパワーステーションSについてまとめてみました。

Panasonic 【sステーション】

1.全てのご家庭に対応可能!?豊富な容量のラインナップ 2.驚愕!住宅環境を考え尽くされたサイズ 3.停電時にも強力な味方に!エコキュートやIHクッキングヒーターが使用出来る?

全てのご家庭に対応可能!?豊富な容量のラインナップ

3.5kw~大型容量の物まで、サイズバリエーションが豊富で幅広いご家庭へのご提案が可能です。ご家庭ごとに適したサイズやお考えの計画もある中この要素は今後検討いただく際に大きなポイントでもあります。全てのご家庭に対応可能と言っても言い過ぎではないかもしれません。

驚愕!住宅環境を考え尽くされたサイズ

更にそのコンパクトなサイズ感も導入をしやすくする要素の一つになりますが、Sステーションはそちらも解決致します!例えば品番:LJB1235 3.5kwでしたら奥行きが139.2mmと高さや横幅は確保できたけど奥行きが心配といったご家庭にも対応可能です。

停電時にも強力な味方に!エコキュートやIHクッキングヒーターが使用できる?

パワーステーションS+、蓄電池ユニットを2台設置など条件はありますが、停電時にエコキュートやIHクッキングヒーターなど生活に欠かせない家電製品を従来では使用できないとされていた停電時でも使用可能になります。  不安になる停電時、災害時だからこそ日常で使用される家電がしっかりと使えるというのはとても大切な要素の一つですね。 更にHemsと組み合わせる事で今後更に活躍する太陽光・蓄電池ですがそもそもHemsとは?という方もいらっしゃると思いますので簡単にまとめてみました。

Hemsとは

ホームエネルギーマネジメントシステムの略です。政府はHems2030年までに導入している全てのご家庭に設置する事を目指しています。モニターの画面、スマートフォンの画面で使用量などを確認することが出来ます。 大手住宅メーカーを中心、HEMS付きのZEHが増えている事もありその便利さから今後導入されるご家庭は更に増えていくかもしれません。 今回はPanasonicSステーションに始まりHemsのご紹介までさせて頂きました。 ここでご紹介させて頂いた事以外にも様々な魅力がありますので専門知識を持った従業員も多数在籍してます弊社までお気軽なご相談やご質問などお問い合わせをお待ちしております。